かけはた動物病院
かけはた動物病院のブログ「眼科診療への取り組み」
病院紹介 眼科診療室 動物病院日記 よくあるご質問 リンク

2013年11月29日

スイッチフラップによる眼瞼形成

コピー 〜 DSC01409.JPGDSC01440 - コピー.JPGコピー 〜 DSC01496.JPGコピー 〜 DSC01543.JPG
シェルティ、雄、14歳が右上眼瞼の腫瘤を主訴に来院しました。
1年半くらい前に同部位の腫瘤の摘出を手術したのですが、数カ月後に再発したそうです。最近、その腫瘤が急速に拡大してきたとのことです。
初診時は腫瘤の大きさが上眼瞼の長さの1/2ほどの大きさであり、単純な切除では正常な瞬目運動を妨げてしまうと判断されました。しかしながら、眼瞼欠損部への皮膚移植や皮膚移動術ではマイボーム腺の欠如を招くため、14歳という高齢犬の角膜のコンディションには非常に悪影響を及ぼすものと判断されました。
そこで、下眼瞼の一部を上眼瞼欠損部に移植する「スイッチフラップ」を用いて眼瞼の再建を行いました。
まず腫瘤切除および皮弁作成し、皮弁を上眼瞼欠損部へ移植しました。
癒合が確認された16日目に再手術を行い、皮弁を切開し眼瞼を形成しました。初診から30日目に抜糸しました。病理検査の結果、腫瘤は良性のマイボーム腺腫の範疇であり、癌ではないという診断でした。
高齢の患犬は、大好きな飼い主さんとともに苦痛の無い余生を過ごすことができたようです。
スイッチフラップによる眼瞼形成は二度の手術という手間がありますが、マイボーム腺を温存することで角膜の良好なコンディションを保つことが期待できる方法と思われました。
posted by かけはた at 22:07| 眼科診療室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トップページ 病院紹介 眼科診療室 動物病院日記 よくあるご質問 お問い合わせ リンク集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。