かけはた動物病院
かけはた動物病院のブログ「眼科診療への取り組み」
病院紹介 眼科診療室 動物病院日記 よくあるご質問 リンク

2008年03月04日

強膜内シリコンボール挿入術

DSC03390.JPGDSC04046.JPG
強膜内シリコンボール(シリコン義眼)挿入術は、主に視覚を喪失した緑内障眼に対する救護法であり、緑内障末期で牛眼を呈している場合、あるいは様々な緑内障治療を実施したにもかかわらず視覚回復の見込みがない場合に、眼疼痛や角膜障害からの開放を目的に適応される方法のひとつです。また緑内障以外の疾患に対しても、外観上の変化に対する美容形成法として、あるいは看護負担の軽減のために試みる価値のある方法と思われます。
強膜内シリコンボール挿入術の適応例として圧倒的に多いのは牛眼です。牛眼は眼疼痛、角膜障害など様々な問題を引き起こすほか、オーナーや治療に携わる獣医師にとっても非常にストレスとなる病態です。強膜内シリコンボール挿入術は、牛眼および緑内障の苦痛から永久に開放するための救護療法として、生活の質(クオリティー・オブ・ライフ)の向上を期待できる方法と思われます。
写真のラッキーちゃんは驚くほど眼が大きく可愛い顔でした!・・・が、目が閉じられず重度の角膜障害が見られたため、強膜内シリコンボール挿入術を適応しさらに可愛い顔になりました。
posted by かけはた at 18:32| 眼科診療室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

頬骨腺粘液嚢胞による眼球突出

DSC03568.JPGDSC03569.JPGDSC03567.JPG片側性の眼球突出を主訴に来院した犬2例に頬骨腺粘液嚢胞が認められました。両者とも処置により眼球突出の症状は改善したのですが、1例の患眼は視覚喪失に至りました。
頬骨腺は頬骨弓の腹側、眼窩骨膜の腹側部に面し、上下に扁平な20mm×10mm程度の大きさで犬、猫のみに認められます。導管である頬骨腺管は複数認められますが、特に大きい1本の大頬骨腺管は上顎最後後臼歯付近の頬粘膜に開口しています。
視覚喪失に至った症例には患部の疼痛および血中CRP値の上昇が認められ、超音波検査において眼窩内の占拠病変による眼球の変形が重度でした。治療5日後には眼球突出は改善されたのですが、視覚は戻りませんでした。治療14日後の網膜電位検査がノーマルであったにもかかわらず視覚反応が認められなかったことから、患眼の視覚喪失の原因は頬骨腺粘液嚢胞による視神経の損傷と判断しました。
両者ともに犬種はウェルシュ・コーギーで、上顎最後後臼歯付近の歯肉に炎症がみられました。ウェルシュ・コーギーはバードバイターと呼ばれ、硬いものを思いきり噛む習性があるようです。今回の子たちも硬いものが大好きで、豚の蹄やプラスチックのおもちゃをバリバリと噛むとのこと。今回の原因に関連がありそうです・・・
posted by かけはた at 02:26| 眼科診療室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

硝子体動脈遺残がみられた犬の白内障

3498_20070914_Eye_0002.JPG白内障手術を希望しミニチュア・シュナウザー、雄、2歳齢が来院しました。左眼に過熟白内障による視覚障害および超音波検査において硝子体動脈遺残(Persistent Hyaloid Artery: PHA)が認められました。また超音波カラードプラにおいて硝子体動脈に血流が認められました。この白内障はPHAに合併するものと考えられました。初診時において既に過熟期の白内障を呈しており、水晶体後部の透見が不可能であったため、水晶体血管膜過形成遺残/第一次硝子体過形成遺残(PHTVL/PHPV)などの合併は診断できませんでした。
PHAに関連する白内障の治療には、前部硝子体切除術と組み合わせた水晶体後嚢の開窓と硝子体動脈の切断を併用する白内障手術が適応されますが、硝子体動脈が開存している場合や重度のPHTVL/PHPVの白内障手術の予後は、合併症(術中あるいは術後硝子体内出血、牽引帯の形成、網膜剥離など)のリスクが非常に高くなるため、単純な成熟白内障のルーチンな手術よりも注意が必要とされています。また本症例では水晶体の吸収および虚脱が認められたことから、さらに手技が困難になることが予想されたため手術適応外と判断しました。

posted by かけはた at 00:27| 眼科診療室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

シーズーに多い網膜剥離

突然の視覚障害を訴えてシーズーが来院しました。眼底検査、超音波検査などで網膜剥離であることがわかりました。
網膜剥離はシーズーに多くみられます。片眼の網膜剥離が検診時に偶然見つかることも少なくありません。おそらくシーズーの眼の形状と興奮しやすい性格、あるいは遺伝的な素因で網膜の異形成があるのかもしれませんが、詳しい解析はなされていません。
今回の網膜剥離による視覚喪失について、両眼の完全網膜剥離が認められますが、網膜血管の萎縮が右眼より左眼で著明であること。網膜の肥厚が右眼より左眼で著明であること。右眼の硝子体混濁に出血痕がみられることから、おそらく左眼の網膜剥離が以前から存在し、今回右眼の網膜剥離が発症したものと推測されます。
網膜剥離の治療には、硝子体手術の設備を備えた施設が必要です。現在、硝子体手術に対応できる動物病院は東京と釧路に2病院があるだけですが、一般の症例に対する治療はまだ確立されておらず、治験段階です。もし飼い主様のご希望がありましたらご紹介させていただきます。教科書的には、現在のところ網膜全剥離に対する確立された治療はありません。
IM015737.JPG
posted by かけはた at 21:38| 眼科診療室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トップページ 病院紹介 眼科診療室 動物病院日記 よくあるご質問 お問い合わせ リンク集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。